探偵になるには

探偵に興味があって、「やってみたい!」って思っている人も多いんじゃないでしょうか? でも「探偵になるにはどうしたらいいの」って思いますよね。 普通のサラリーマンとは違う仕事になりますけど、誰でもなれるんでしょうか?

これになるには、実は決まったルートはないみたいで、なろうと思えばチャレンジはわりと簡単にできるみたいですよ。 もちろん誰でも絶対なれるってわけじゃありません。 なるために大事なのは、ずばり届出。 これをしないと探偵には絶対なれないんですよね。

届出先は、探偵として活動したいその都道府県の関係機関になるんです。 ココに届出して、それが認められたらオッケー。 これが認められる条件だけど、基本的にはその人の責任能力とか、これまでの犯罪歴とか、そういうステータスを見られるみたい。 もう成人してて責任能力とかもあって、最近までのところで犯罪歴とかもない人なら普通に認められるっぽいです。

ちなみに探偵としての素質とかどうなのって、やっぱ思いますよね。 だって探偵したいですっていう届出なんだもん。 そこ見られるのは当然って感じだけど、実はココ関係ナシ。 少なくとも探偵として開業したいですって届出に関しちゃ、探偵としての能力は特に見られないみたい。 というのも、探偵って資格とかじゃないし、この届出って探偵としての能力とかをチェックする試験とかでもないからなんですよ。 だから別に探偵としての能力とかは見られないんで、この届出して許可もらうだけなら、正直僕でもできるかなぁなんて。

でも本当に探偵になるには、やっぱりそれだけじゃダメっぽいです。 探偵ってやっぱ仕事なんだから、なったあとは仕事をゲットできないと続かないですよね。 開業前にやる届出って最低限の営業許可みたいな感じで、仕事の紹介とかとは全然関係ないんですよ。 つまり許可もらった後に探偵としてやっていけるかどうかは、自分の実力次第ってワケで。 本当に探偵としてやっていける人じゃないと、ここでダメになっちゃうんですよね。

だから本当に探偵になるには、先に専門学校に行った方がいいかも。 数は少ないけど、実は探偵の専門学校ってあるんですよ、本当に。 そこで探偵としての基本的なスキルとかをみっちり教えてもらえるんで、そういうのを全部クリアしてから探偵として開業したら、仕事が来た時にキッチリこなせるんで、探偵として普通にお仕事できるって感じです。 評判もよくなるし、リピーターもつくしで、これで探偵として一人前って感じですね。 こんな感じで、探偵になるだけならわりと簡単だけど、本当にやっていくためにはやっぱりスキルがいるってところがポイントですね。