仕事内容はどんな感じ?

現実の探偵さんってどんな仕事をするのって、やっぱり思いませんか? 気になるその仕事内容についてちょっと紹介したいと思います。

探偵さんがやる仕事ですが、基本的に依頼した人の要望通りのことをやるって感じ。 依頼人になるのは、ごく普通の一般の人です。 依頼の内容にもよるけど、企業とか団体とかが依頼人になるケースはちょっと少ないみたいですね。 僕ら一般人でも全然依頼人になれるんで、そういう意味じゃ身近な職業って感じかも。

で、探偵さんの仕事はその依頼人の要望に応えることだけど、もちろん探偵さんに頼めることってある程度決まってて、何でも依頼できるってワケじゃないです。 犬の散歩とか引越しの手伝いとか、とにかく何でも引き受けるなんでも屋さんっているけど、そういう人たちとは違うので、ここはちょっと気を付けたいですね。

探偵さんに相談できるのは、基本的に何かの「調査」って感じ。 たとえば「パートナーがなんか浮気してるような気がするんだけど」ってときに相談すると、本当に相手が浮気してるのかを調査してくれるって感じで。 ここでいう調査っていうのは、もちろんプロの仕事なんで、一般人には難しい調査を相手にばれないようにやってくれます。 そのおかげで、パートナーに隠れてやってた浮気が正式に判明したってケース、けっこうあったりするみたい。

それも依頼人にだけこっそりと結果を教えてくれるとかじゃなくて、相手がやってた浮気の現場とか、動かぬ証拠も用意してくれるんで、その後になにかアクションを起こしたいときにも役に立つんですよね。 ココで手に入れた証拠が裁判で使えて、そのまま離婚につなげられるってケースも多いんですよ。 こういうのが現実の探偵さんのお仕事内容って感じ。

ところで、探偵の仕事っていったら、ドラマとかで刑事さんとかと一緒に事件を捜査するって展開がよくありますよね。 あのイメージが強い人も多いかもしれないけど、あれは完全にフィクションです。 現実の探偵さんが警察と一緒になにかを捜査するってことは、まずないみたい。 というのも、探偵さんはあくまで民間の調査業で、警察にあるような捜査権とか、そういうの一切ないですからね。

警察の方でも探偵さんはあくまで民間人の一人って感じで、捜査情報を探偵さんに話すとか、普通に情報漏洩になるんでやりません。 刑事事件の捜査とかは探偵さんの仕事じゃないんで、警察への通報が即必要な事件とかについて相談しても、普通に警察への通報を勧められるだけですから、ここはかなり気を付けたいポイントですね。